Sound Lab Kichizyo

Ableton Liveのアレコレ

Four tet Beatを真似してみる

Beat This Episode

Abletonユーザーは見ている人も多いのではないでしょうか。有名Youtubeチャンネルの、Beat This EpisodeでFour tetが取り上げられていたため、それを参考にしてみよう、という記事です。

 

Beat This Episodeは、色んなミュージシャンに、10分でBeatを作ってもらうという企画です。見てるだけで参考になるし、結構ジャンルも多岐に渡るのでオススメです。

 

今回参考にした動画はこちらです。

www.youtube.com

 

この手法、とても面白い!あとFour tetカッコいい!すごい!(ファン)

 

ものは試しでやってみる

私も習って10分目標、って言っても無理だろうから、30分位でできたら良いな。とりあえず、全く似たように真似をしてみます。適当なSampleを3つ用意します。全部Loopmaserで購入したやつです。超無作為に選んだSampleです。上から、Drum、Guitar、PianoのSampleです。

 

Drums

soundcloud.com

 

Guitar

soundcloud.com

 

Piano

 

soundcloud.com

 

曲のKeyだけは合わせます。とりあえず今回はまた適当にAmで。

 

Drum Rackを3つ用意

それぞれのSampleに一つずつDrum Rackを用意します。特に何も考えずに、Sample全体を、Drum Rackのパッド4つに読み込ませました。

f:id:Kichizyo:20190822110048j:plain

 これをそれぞれのSampleで作ります。

 

SampleはそれぞれTriggerじゃなくてGateモードにして下さい。

 

Beat作成

先ずは、DrumのSampleから。とりあえず、適当にこんな感じで打ち込みしました。

f:id:Kichizyo:20190822110518j:plain

 一番下をKickにして、下から二番目をSnareっぽく、一番上をHatっぽくしようかと思ってこんな感じにしました。Kickの音は、ちょっとHatの音がうるさかったので、Low Pass Filterをかまして、Kickっぽくしました。

 

それぞれのSampleの再生箇所を変えます。

f:id:Kichizyo:20190822111044j:plain

 

細かく音を調整してから、ちょっとMidi調整。

f:id:Kichizyo:20190822110925j:plain


おお、結構それっぽい。次にギター。

 

GuitarとPiano作成

手順は全く同じです。

f:id:Kichizyo:20190822111831j:plain

 こんなのと、

 

f:id:Kichizyo:20190822111840j:plain

こんなの。

 

ちょっとRandomな感じで鳴ったほうが良いかと思って、変な位置にMidiを打ち込みました。

Pianoに関してもやってる事一緒なので、端折ります。

 

完成!

そして完成したのがこちら!

 

soundcloud.com

 

う~ん、微妙!!!

 

あまりにも適当すぎました。反省は別にしていません。しかし、なんとなく質感は分かって頂けたかと思います。Beatだけじゃなくて、色んな楽器で試しても面白い手法だと思います!

 

ただ思ったことが、これはImpulseでやっても面白いだろうし、SamplerやSimpler使っても似たような事が出来ます。むしろ、Drum Rackに拘らず、好きなInstrumentsでやってみて、細かい所工夫したほうが、面白いかもしれません。

実際何も考えずに今回やったら、ほんとに10分位で出来ました。もう少し完成を考えてやったら、時間がかかるとは思いますが、楽しかったです。

 

ちなみに、こちらが今回のテクニックを色々やって作った曲です。お耳汚しですが、時間があったら聞いていって下さいませ。

soundcloud.com

 

ありがとうございました!